くりのみ保育園の概要

            

名      称

 くりのみ保育園

認 可 年 月 日

 昭和51年4月1日

設置経営主体

 社会福祉法人くりのみ会

住      所 

 静岡県島田市中央町13−1

電 話  FAX

 0547(36)3160    0547(36)5727

定      員

 70名  (生後2ケ月〜就学前)

職      員

 園  長   1名        指導員      1名
 主  任    2名        事務員     1名
 保育士   13名        嘱託医(小児科)   1名 
 栄養士   2名        嘱託医(歯科)    1名    
 調理員   1名        嘱託医(耳鼻科)  1名 
 

開  園  時  間

 平  日  午前7時〜午後7時
 土曜日     午前8時〜午後5時

一 時 保 育
緊 急 保 育

 現在は実施しておりません
 子育て支援
     センター
 月・火・水・木・金曜日 午前9時30分〜午後4時

 11月の在籍園児数

0歳児 ―― 5名 3歳児 ―― 11名
1歳児 ―― 11名 4歳児 ―― 11名
2歳児 ―― 12名 5歳児 ―― 11名

今月入園できる年齢

ありません

     ありません

年 間 行 事

月  行  事

週  行  事

04月05日  生き生き親子の集い
04月18日  交流保育 
05月02日  こどもの日の集い
05月17日〜11日マザーズデー
05月09日  交流保育
05月17日  園医検診
06月02日  ジャガ芋掘り遠足
06月04日  歯科検診
06月08日  プール開き
06月11日  時計の日  父の日
06月13日  交流保育
06月26日  芋のつるさし
07月04日  交流保育
07月06日  七夕 開園記念日
07月21日  夏祭り
08月02日  
  〜03日  一泊保育の集い
08月22日  交流保育
08月31日  総合防災訓練
09月05日  交流保育
09月08日  すくすく子育て応援会
09月11日  プール納め
09月14日  お月見会
09月30日  親子運動会
10月09日  運動会代休
10月18日  園医検診
10月24日  芋堀遠足
10月27日  親子遠足
10月31日  ハロウィン
11月14日  交流保育
11月17日  保育まつり
11月20日  えびす講
12月05日  みかんがり
12月12日  もちつき
12月15日  クリスマス会
12月19日  交流保育
01月09日  どんど焼・初泳ぎ
01月21日〜25日 相撲大会
01月31日〜2月2日  作品展
02月02日  豆まき 鬼行列
02月15日  じゃがいもマラソン
02月20日  交流保育 
03月01日  雛祭り
03月05日  耳鼻科検診  
03月18日  お別れパーテイ
03月20日  交流保育
03月23日  卒園のつどい
 
第一第三火曜日  
                 お茶会
第二第四火曜日  
                 温水プール
第二第四水曜日  
                 ABCクラブ
第一木曜日     
                 身体測定
第二木曜日     
                 フラワー便
第三木曜日     
                 防災訓練
      0歳児身測
第四木曜日     
     おもしろシアター
      誕生会

第一水曜日(隔月)
       焼き物の集い

第二第四水曜日
       
農耕

第二第四金曜日
       
体遊び

毎月一回
       
交流保育
 
ふたば保育園・ひかり保育園


月曜日
   衛生検査
   園外清掃
   遊具備品点検

水曜日
   絵本返却

金曜日
   絵本貸し出し

第一第二土曜日
    
職員会議

土曜日
    
園外清掃

 

印刷物配布
10日
  くりのみっこ
  離乳食だより
  赤ちゃん体操
30日
  クラス紙
  くりのみ
 

 

             最初のページへ    保育方針ページへ    くりのみっこページへ   こんなことをしていますページ

 事業・会計報告       
 

 子育てアドバイス

  子育ては手をかけること
    子育てをしてきて「あまり手がかからず楽に大きくなってくれた」と、言う方がいます。
   だけど多くの親御さんは、子育て中、大なり小なり苦労はしてきています。夜中の
   授乳からオムツ替え、離乳食や夜泣き、言葉のことや発達のことなど様々です。
      子育てと仕事の両立は簡単なものではありません。忙しい時に限って愚図って来ます
      ので、その対応には手がいくつあっても足りないと思います。今では、後始末に便利な
    紙オムツを使用する家庭が多いですが、布オムツは、快・不快がはっきりして、赤
  ちゃんはオムツを替えてくれた人の愛を感じます。汚れたオムツを洗濯し、乾かす
畳むなど手をかけることが子育てです。
                                              園長 栗原亜佐子



意見・要望苦情等申出窓口の設置について


社会福祉法第82条の規定により、くりのみ保育園では皆様からの
意見・要望・苦情・不満(以下「要望等」とする)を解決するための仕
組みに関する規則を設け、安心してお子さんを預けられるよりよい
保育園づくりを進めていきたいと考えています。保育園における要望
等解決責任者、受付担当者は下記の通りです。


                                    苦情受付担当者 原木英美
                                     苦情解決責任者 栗原亜佐子
                                     保育園電話   36−3160

 平成27年4月1日〜6月30日
     
月 日      苦 情 内 容
             解 決 状 況
5月2日
昨日、我が子のものでない服を着て帰ってきたが何かあったのでしょうか。単に間違えて着せてしまったのならいいが。
衣類に名前が無く、保育士が間違えて着せてしまったことが分かり謝罪しました。以後、着替えの時は必ず名前を確認することとしました。また、脱がせる時は名前が書いてあるか確認し、無い場合は、記入することとしました。
 6月3日
 保育園の職員による与薬を行わないことへの苦情 園の方針により、医師の処方を直接聞いていない保育園の職員による投薬は行わないことになっています。どうしても保育中に飲ませなければならない場合は、母親に登園してもらい飲ませるように依頼をするが聞き入れてもらえなかった。
医師の助言で、園児本人に持たせ自分で飲ませるから、忘れないように「薬飲むんだよ」と声をかけてほしいと依頼されました。園としては不本意だが了承しました。

                                                 平成27年7月1日〜9月30日
 8月27日 通園バッグのアップリケの部品を処分してしまったことの苦情  通園バッグのアップリケの一部が取れて、園児数人が自分の物だと主張した。保育士が 誰の物か確認できず、処分したことを謝罪し、全職員に反省を促し、このようなことのないよう確認をしたことを、説明し納得していただいた。
     

                                               平成27年10月1日〜12月31日
   ありません  


                                                       平成28年1月1日〜3月31日    

  1月7日  昼寝用の布団が保育園の物では、誰が使ったか分からず、衛生的にどうか。という意見が市の保育支援課にあった。  園の布団を使用している理由と衛生面には
十分配慮していることを説明し、保育園の物、
個人の物の選択制にし、希望を取ったところ、
全員が保育園の物を使用することになった。
  1月21日  支援センター利用者から、一度利用しただけで年賀状をもらったが、個人情報が守られていない、税金の無駄遣いで無駄なことはしないでほしいとの意見があった。 安易に年賀状を出した事を謝罪し、今後年賀状等を出す場合は慎重に行うこととした。
 



                                                   

                                                      平成28年4月1日〜6月30日
                                                      平成28年7月1日〜9月30日.
                                                      平成28年10月1日〜12月31

   ありません  


                                                     平成29年1月1日〜3月31日
 2月10日  金曜日に来る保育園も子ども達、熱中するあまり、ビート板を持って小プールに達飛び込み。けがにつながると思います。
前に何度か指導者が教えていたのを見ましたがとてもよいと思います。
子どもにはただ優しくするだけでは駄目です。
危ないことはきちんと教えないと自分も痛いし他人にも迷惑をかける。アリーナはそういう場所です。
 プールに入るときはプールサイドに立ち止まってからゆっくりはいる。又は後ろ向きになって入水するように指導していく。


                                                     平成29年4月1日〜6月30日
 4月14日  市の温水プール使用時に、ビート板を持って小プールに立ち飛び込みをして、危険である。  プールサイドに立ち止まり、ゆっくり入る。又は、後ろ向きで入水するよう指導することとした。
 4月27日  登園時、我が子が泣いていて保育士がしっかり受け入れてくれなかった。安心して預けられる対応をしてほしい。  朝の受け入れは丁寧に、保護者が受け取ってくれたと確認出来るように、特に登園を嫌がる子などに対しては、優しく保育士の側に置くなどのきめ細かく対応するよう全職員に指導した。



                                                     平成29年7月1日〜9月30日
   ありません  


                                                    平成29年10月1日〜12月31日
 11月15日  市の保育支援課に匿名で電話があり、子どもが熱を出したから迎えに来るよう言われたが、熱が出ていても帰らずに園にいる子がいる。という意見があった。
なお、回答はいらないということでした。
 熱を出した園児の状態で、迎えに来てほしい場合や、熱を出したことを伝え、迎えに来る来ないは保護者の判断でお願いする時もあります。また、迎えに来てほしいが仕事等の関係で来れない保護者もいます。子どもさんのその時の状態で保育を継続する場合もあることを保育支援課の担当者に説明をした。


平成30年4月1日〜7月30日    ありません


平成30年8月1日〜10月31日  ありません