くりのみ保育園の保育方針

  

経営ビジョン         国際社会に貢献する人づくり

保育理念 ○ 保育目標を理解し、全職員が一致した保育観、児童観を   持って保育する。
○ 集団生活であるが常に個々を見つめ、個性(人と違うこと   の素晴らしさ)を尊重した保育をする。
○ 子どもが自らすることを選ぶ、子ども主体の保育をする。
○ 全てのものを「大切にする心」を持って保育する。
 望ましい子ども像 豊かな心と個性を持ち好奇心旺盛で丈夫な
クリクリした子ども
                ○よく遊び、よく食べ、よく眠る子
                ○人や物等大切にする思いやりのある子
                ○まわりの物や動植物に興味を持つ子
                ○自分の思ったことや考えをはっきり話す子
                ○人の話をよく聞く子
                ○出会い、ふれ合いに感動する子
                ○ユニークな考えや遊びをする子
                ○物事をやり遂げようとする意欲のある子
                ○自分のことは自分でできる子

保育目標 養護――家庭的な雰囲気の中で温かく受容し個々を
                見つめ、生命の保持と情緒の安定を図る。

教育――家庭の日常生活を含めた遊びの中で、さま
       ざまな実体験をし豊かな心と創造力を持つ
       人となるための基礎を培う。

  0歳児――よろこびをからだ中で表す子に育てる
  1歳児――きげんよく遊ぶ子に育てる
  2歳児――うれしいこと、楽しいこと、悲しいこと等からだ中で表現する子に
         育てる
  3歳児――自分から興味を持ちやろうとする意欲を持つ子に育てる
  4歳児――自分の力で最後までがんばる子に育てる
  5歳児――したこと、見たこと、思ったこと、聞いたこと等話す子に育てる

             最初のページへ     概要ページへ     くりのみっこページへ  こんなことをしていますページ